NOBU
http://noblog1986.blog7.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
チェ 39歳別れの手紙
2009-01-27 Tue 02:00
公開はまだですが、前作に引き続き
大学内特別試写会で、ひと足先に観てきました。

本作は前作「チェ 28歳の革命」のその後が描かれ、
ゲバラがボリビア革命を目指し、捕えられ処刑されるまでの内容なので
前作よりもシリアスで、切なかったです。

個人的には前作よりも本作のほうが良かったです。
内容的に緊迫感があってハラハラしたりするシーンも
結構あり、飽きる事無く観られました。

終盤の方はどんどん政府軍に圧倒されて、
追い詰められていくゲバラの姿が切なかったです。

でも、ゲバラのリーダーシップや
自分の信じた道を迷うことなく突き進む姿に感動しました。
マジでカッコ良かったです。

現代にゲバラが生きていたら、
世界はまた少し違っていたんだろうなぁと感じました。


スポンサーサイト
別窓 | 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
チェ 28歳の革命
2009-01-22 Thu 00:08
現在通っている大学で、
学内関係者限定の特別試写会が行われたので、
観にいってきました。

最初はチェ・ゲバラがどんな人物だったかも知らず、
無料で観られるし観にいってみるか、というノリで観にいきました。

もちろん事前に下調べはしていきました。

本作は2部作の第1段として、
チェがカストロとともに、キューバ革命を成し遂げるまでが
描かれていました。
映画はとても楽しめました。

ただ、全体的に、映画はドキュメント形式で淡々として流れて行き、
もう少し刺激があっても良かったかなぁと感じました。
BGMもシンプルすぎたかな。

でも観終わってチェ・ゲバラにさらに興味が湧き、後編も観たくなりました。



別窓 | 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
どろろろろ~
2009-01-12 Mon 02:21
昨夜、TVで「どろろ」がやっていたので初めて見ました。

原作を知っている方にはどう評価されるかは分かりませんが
原作を読んだことのない自分は純粋に楽しめた映画でした。

たしか公開当時は、映像化不可能とか言われていた気がしますが。
出てくる妖怪の動きとかもとてもリアルで
終始違和感なく観ることができました。

キャストの演技も良かったですね。

特に、柴咲コウと中井貴一さん。

柴咲コウは本当に毎回どんな役でもこなしてしまいますね・・・。

今回も女でありながら、「強い男」として生きようとするどろろを
見事に身体全体を使って演じきっていました。

毎回どんな役をするか楽しみな女優さんです。

中井さんは本当に安定感がありますね。
毎回演技に説得力があります。


映画全体もとてもテンポよく展開し、飽きる事無く楽しめました♪

もう一回DVDでちゃんと観たくなった映画でした。
あと、手塚治虫の原作もちょっと気になります。
今度漫喫で読んでみようかな。。。

←☆クリックしていただけると嬉しいです☆
別窓 | 邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ドラゴンボール実写・・・
2008-12-15 Mon 17:54
ドラゴンボール実写版が今年3月に公開されますね。

ハリウッド製作なので、たぶんお金かかっているんでしょうが・・・

どんなものになるのか、今からとても不安です・・・

今までアニメは実写化して成功している映画もありますが、
さすがにドラゴンボールのような現実離れした冒険ファンタジー系は
違和感満点になりそうな予感がします・・・。

予告編が既に公開されていましたが、すでに違和感満点でした・・・↓↓


YouTubeより

予想通り、原作とはかけ離れた内容です・・・

まず悟空が普通に白人、亀仙人が若くてイケメンすぎ、
ピッコロが緑色の顔の人間(触角も無し)、
とどめに白人悟空の決め台詞「かめはめ波~!!!!!」(違和感ありすぎ・・・


こうした現実にはありえない世界観の作品の実写化は
原作に似せようとすればするほど、変になっていく気がします。

過去に北斗の拳やスーパーマリオの実写を見たことがありますが、
どちらも無理がありすぎな内容でした。(笑


まだ実際劇場に観にいくかは分かりませんが、
観にいくとしたら、ドラゴンボールの実写を見に行くというよりは
ハリウッドの迫力のあるアクション映画を見に行く感覚で行きたいと思います。


☆クリックおねがいします☆⇒
別窓 | 洋画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「クレしん」の名作が実写化!?
2008-10-07 Tue 22:43
時代劇映画「BALLAD(バラッド)―名もなき恋のうた―」
   出演:草なぎ剛(34)、新垣結衣(20)、 
   監督:山崎貴(映画「ALWAYS 三丁目の夕日」等)
が製作されると発表されました。(2009年9月公開)

※Yahoo!ニュース⇒草なぎ&ガッキーで「しんちゃん」実写化

小国の武将(草なぎ)と美しい姫(新垣)の悲恋を描いたラブストーリー。

原作は、なんと
クレヨンしんちゃんの劇場版第10作目
「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」(2002年)

主人公しんのすけ一家が戦国時代にタイムスリップして、
武将と姫様の切ない恋路にかかわるという内容。

今回の映画も、同じように
現代からやってきた真一(武井証)一家が
2人の恋路にかかわる。という内容らしい。

クレヨンしんちゃんの映画は
大人も泣けるクオリティの高い作品が多く、
特に、今回実写化される
「アッパレ!戦国~」はマジで泣けます。

自分は初めて見たとき、思わず号泣してしまいました。

まさかしんちゃんに泣かされるとは思ってもいませんでした・・・

何度見ても泣ける、せつない名作です。


しかし実写化は・・・正直どうなんだろう・・・って思います。

アニメだったから、戦国時代にタイムスリップという
非現実的な内容でも、違和感なく入り込めていましたが、
実写となると・・・んんーー・・・
違和感なしには見られない気が・・・

なので、実写版には
いい意味で期待を裏切ってほしいです。
感動も合わせて実写化してもらいたいです。


別窓 | 邦画 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| NOB.LOG ~No Entertainment, No LIFE!!~ | NEXT
copyright © 2006 NOB.LOG ~No Entertainment, No LIFE!!~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。